/

この記事は会員限定です

そごう・西武、テナント柱に 自社物販を4割以下へ 

池袋など旗艦6店も対象 今後5年

[有料会員限定]

そごう・西武は5年後をめどに、全売り場に占める自社運営の比率を4割以下に減らす。新型コロナウイルス禍でネットシフトが加速する中、旗艦店を含めてテナント賃料で稼ぐ不動産業型に転換し、収益基盤を再構築する。ブランド力をテコにアパレル大手と共に独自の売り場を展開し、小売業をけん引してきた百貨店は転機を迎える。

2026年2月期までに百貨店の売り場面積に占める自社運営とテナントの比率を逆転させ、自社運営の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン