/

この記事は会員限定です

世界の上場企業、市場からの資金調達が3割減 22年

[有料会員限定]

世界の上場企業が2022年に株式や社債などで資本市場から調達した額は、約3兆2000億ドル(416兆円)と21年に比べ3割減った。下落率は08年の金融危機後最大で、新型コロナウイルス禍への対応で20〜21年にかけ資金調達が相次いだ反動が出たほか、中央銀行の利上げに伴う金融引き締めの影響も出た。企業の手元資金は総じて潤沢なものの、業績低迷が長引く一部の企業には厳しい経営環境になっている。

金融情報...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1277文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません