/

この記事は会員限定です

高砂熱学、大型水素製造装置に参入 再エネ余剰電力活用

[有料会員限定]

高砂熱学工業は再生可能エネルギーでの製造を前提とした大型の水素製造装置の開発に乗り出す。電力が変動しても安定的に水素を製造できる方式を採択し、再エネの余剰電力の活用を見込む。国内で洋上風力をはじめとする再エネ開発が進む中で、インフラ設備の設計から施工、保守運用まで一貫して手がける強みを生かす考えだ。

10月から開発に着手した大型機種の水素供給能力は毎時100ノルマル立方メートルで、最大1000世帯分の電力消費...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン