/

この記事は会員限定です

メイコー、設備投資に5年で1000億円 EV向け基板量産

[有料会員限定]

プリント基板製造のメイコーは2022年度から26年度までの5年間で1000億円の設備投資をする。前の5年間の597億円に比べて1.7倍に増やす。電気自動車(EV)向けに提供する半導体パッケージ基板の量産体制を整え、主力のプリント基板も生産能力を増強する。スマートフォン向けの市場が成熟するなか、EV向けを新たな成長の柱に据える。

19日に発表する中期経営計画に盛り込む。半導体パッケージ基板向けでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン