/

この記事は会員限定です

1人当たり営業益増えた企業、定額課金で安定収益

NEXT1000

[有料会員限定]

日本経済新聞は売上高100億円以下の上場企業「NEXT1000」を対象に、3年前と比べて従業員1人当たりの営業利益額の伸び率が大きかった企業をランキングした。サブスクリプション(定額課金)や法人向け販売など、比較的安定して収益を稼げるモデルを構築した企業が上位に入った。

1人当たり営業利益が高いほど、効率的に利益を稼いでいるといえる。新型コロナウイルス禍や米中貿易摩擦など逆風のなかでも底堅さを保っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン