/

この記事は会員限定です

CO2を資源に 旭化成は樹脂原料、ポルシェは燃料に加工

[有料会員限定]

発電所や工場などで発生する二酸化炭素(CO2)を回収し、地下に貯留したり、化学品原料などに再利用したりする動きが広がる。「CCUS」と呼ぶ取り組みで再生可能エネルギーや水素の利用などに並ぶ脱炭素の切り札ともいわれる。効率的な回収や活用技術が普及すればCO2が資源へと変わる可能性を秘める。

CCUSは「Carbon dioxide(二酸化炭素)、Capture(回収)、Utilization(利用)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン