/

この記事は会員限定です

カヤックの「野田ゲー」開発 プレッシャーがプラスに

[有料会員限定]

お笑いコンビ、マヂカルラブリーの野田クリスタルさんとカヤック(神奈川県鎌倉市)のディレクター・後藤裕之氏がタッグを組んで開発した「スーパー野田ゲーPARTY」。2021年4月にニンテンドースイッチ向けとして発売されると1週間で5万本を売り上げ、現在も好調で2022年の続編発売も決定した。

ところが、制作の裏側は異例づくしだったという。後藤氏に開発秘話を聞いた。

「スーパー野田ゲーPARTY」は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン