/

信越ポリマー 食品包装用素材事業を買収

昭和電工マテリアルズから

信越ポリマーは12日、昭和電工マテリアルズから食品包装用ラッピングフィルム事業を8月をめどに買収すると発表した。買収金額は36億円を見込む。まず昭和電工マテリアルズが新会社を設立し、食品包装用ラッピングフィルム事業を新会社に承継する。その後、信越ポリマーが8月2日付で新会社の全株式を取得し完全子会社化する。

食品包装用ラッピングフィルムはホテルや飲食店の厨房で食品の保存用に使われる業務用ラップなどに使う。信越ポリマーはすでに塩ビ業務用ラップ事業を展開しており、外食産業向けに強みを持つ昭和電工マテリアルズの同事業を買収し業界内の販売競争力を高める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン