/

この記事は会員限定です

畜産、ユニーク飼料で育て 「わかめ羊」や「いも豚」

風味や肉質に特徴づくり

[有料会員限定]

トウモロコシや大豆などからなる配合飼料を用いることが多い畜産の現場で、ユニークな飼料を使って羊や豚を育てる取り組みが広がっている。ワカメにサツマイモ、亜麻仁(アマニ)などを用い、風味や肉質に変化をもたらす。個性的な食肉として飲食店やネットで人気が高まっている。

都内のジンギスカン店などで近年じわりと増えているのが「わかめ羊」だ。宮城県南三陸町の「さとうみファーム」が地元の特産のワカメを飼料にして育...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1145文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン