/

この記事は会員限定です

米HP、バフェット氏引きつけた現金創出力

秦野貫

[有料会員限定]

ウォーレン・バフェット氏率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイが4月初旬、42億ドル(約5300億円)を投じて米パソコン大手HPの株式11%を取得した。HPが企業向けサーバー事業を分離しパソコンとプリンター中心の会社になって6年余り。バフェット氏を引きつけたのは、事業再編後に高まったキャッシュ創出力だ。

シリコンバレーの源流企業である旧ヒューレット・パッカードは2015年、パソコンとプリンター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1623文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン