/

この記事は会員限定です

東芝、社外取で諮問組織設置へ 企業価値向上策を議論

[有料会員限定]

東芝が、社外取締役で構成する新たな諮問組織の設置を検討していることがわかった。外部の専門家から助言を受けるなどして、議論の透明性を高めながら株主還元や事業戦略など企業価値向上策を検討する。東芝は4月に社長が交代し、経営体制の見直しを進めている。株主との対話が課題となっており、理解が得られるような体制を整える。

東芝の取締役会は4月に透明性を高めるために財務と法務のアドバイザーを選任すると表明していた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン