/

この記事は会員限定です

レノバ、洋上風力落選で見えてきた真の実力

柘植衛

[有料会員限定]

脱炭素の有望銘柄だったレノバが一転、試練の時を迎えている。社運を賭けて挑んだ秋田県由利本荘市沖の洋上風力案件の公募・入札で2021年末に落選。株価は上場来高値を記録した21年9月の6390円から7割超下落し、1600円前後で推移する。戦略の見直しと事業の再構築が急務だ。

年250億円の機会損失

日本の海域で洋上風力に取り組むには、自治体管理のケースなどを除き、政府の公募で選ばれる必要がある。今回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン