/

この記事は会員限定です

ばら積み船用船料、10年ぶり高値 中国の鉄鉱石需要で

コロナ対策で船不足も

[有料会員限定]

鉄鉱石や穀物を運ぶばら積み船のスポット(随時契約)用船料が高騰し、およそ10年ぶりの高値を付けた。インフラ投資や自動車生産が活発な中国で鋼材需要が拡大し、鉄鉱石の調達が上向いた。新型コロナウイルスの感染対策の影響で船の供給も制限され、値上がりに拍車がかかっている。

主に鉄鉱石を運ぶ大型ばら積み船の指標となるケープサイズ(載荷重量約18万トン)の用船料は、5月上旬時点の主要航路平均で1日あたり4万4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り820文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン