/

この記事は会員限定です

医療現場に寄り添うVR

@EDGE ジョリーグッド 上路健介代表

[有料会員限定]

「VR(仮想現実)は娯楽向けだけではもったいない。医療現場とも一緒に歩みたい」。VR関連サービスを提供するジョリーグッド(東京・中央)の上路健介代表兼最高経営責任者(CEO)は主力の医療向けコンテンツについて決意を新たにする。

医療に注力するのは、社会に不可欠な分野で最先端技術を生かしたいためだ。救急医療や手術の現場を体験できるVRは医学生の引き合いが強い。発達障害のある人向けコンテンツは会話など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り324文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン