/

この記事は会員限定です

日本電産はボリュームゾーンで勝負 電動アクスルでも

[有料会員限定]

ボリュームゾーンを制すれば、市場を制する──。日本電産の永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)は、奇をてらわずに製造業の正攻法を採る。

それは次の成長源に位置付ける電気自動車(EV)の駆動装置「電動アクスル」事業でも変わらない。コスト競争力を磨き、競合企業よりも多く製品を売って、シェアを高める。そうして量産効果を最大限に引き出し、低価格競争力をさらに向上させて、シェアトップに上り詰める。

かつて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3471文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません