/

大鵬薬品、抗がん剤開発で米バイオ製薬子会社を買収

大塚ホールディングス(HD)傘下の大鵬薬品工業(東京・千代田)は12日、米バイオ製薬カリナンオンコロジーと抗がん剤の開発のために設立した共同出資会社カリナンパールの全株式を取得すると発表した。従来は大鵬薬品の子会社などが20%を保有していたが、残りを買い取り完全子会社化する。大鵬薬品はカリナンオンコロジーに契約一時金2億7500万ドル(約350億円)を支払うほか、抗がん剤の開発の進捗に応じた報酬を最大で1億3000万ドル(約167億円)支払う。契約一時金は2022年4~6月期に計上する。

大鵬薬品は19年、自社で創製した抗がん剤「TAS6417(開発コード)」の開発を進めるため、カリナンオンコロジーが90%、大鵬薬品子会社が10%を出資してカリナンパールを設立した。日本以外の地域で同薬剤を開発・販売する権利を移し、現在は肺がん治療の飲み薬として初期段階の臨床試験(治験)を進めている。このほど大鵬薬品が権利を買い戻すことになった。

米国では、TAS6417をカリナンオンコロジーと共同で開発・販売する契約も結んだ。米国における同剤の治験費用や発売後の利益は両社で折半する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン