/

東芝、リチウムイオン電池で充電速度向上 同容量で

東芝は12日、高い安全性などを特長とする独自のリチウムイオン電池で、新製品を発売したと発表した。容量の大きいタイプの従来製品と同じ容量を保ったまま、充電速度を速められるようにした。急速充電を必要とする車向けなどを想定して売り込む。

東芝は負極にチタン酸リチウムを使うことで、高い安全性や長寿命、急速充電性を実現したリチウムイオン電池を製品化している。新たに従来の大容量製品と同じ20アンペア時という容量を保ちながら、入力性能を約1.7倍、出力性能を1.6倍に高めた製品を発売した。充電時間を短縮できる利点などがある。

電気自動車(EV)での採用を見越した場合、大容量化は航続距離を伸ばすことにつながるものの、入出力性能が損なわれて充電の時間などが長くなってしまう。東芝は電極や電解液など内部の構造を改良することで両立させた。

航続距離につながる容量と、速い充電速度がともに求められる乗用車やバス、トラックなどでの採用を目指す。従来製品よりも寿命も長くなっているといい、鉄道や産業機器向けにも拡販を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン