/

「いきなり!ステーキ」創業者 一瀬邦夫社長が引責辞任

(更新)

「いきなり!ステーキ」などを運営するペッパーフードサービスは12日、創業者の一瀬邦夫社長が同日付で辞任したと発表した。2022年12月期の税引き損益が一転して赤字見通しとなるなど、業績不振が続くことの責任を取る。社長には邦夫氏の長男、一瀬健作副社長が就いた。減資や株主優待制度の廃止なども決め、経営再建を急ぐ。

22年12月期の税引き損益は10億円の赤字(前期は3億8700万円の黒字)になりそう。従来は2億1600万円の黒字を見込んでいた。主力の「いきなり!ステーキ」などで夕食時間帯の需要回復が遅れている。

業績回復に向けて株主優待制度を廃止する。半期ごとに店舗で使える優待券や同社商品を保有株式数に応じて配布していたが、「事業拡大のための投資で企業価値を向上させ、早期の復配を目指すことが株主への利益還元につながる」(同社)と判断した。6月末を基準日とするものを最後に取りやめる。

資本金を従来の47億円から1000万円に減資する。資本剰余金の振り替えなどと合わせ、繰越欠損金を解消する。減資は11月25日に開く臨時株主総会に議案としてはかり、可決されれば翌26日付で実施する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン