/

この記事は会員限定です

排せつ物の臭い、AI検知 介護テックaba宇井吉美CEO

テクノロジストの時代

[有料会員限定]

「テクノロジーで介護の『わからない』をなくしたい」。介護テックスタートアップ、aba(千葉県船橋市)の宇井吉美最高経営責任者(CEO)は介護で抱いた無力感を糧に、臭いで排せつ物を検知するデバイスの開発に取り組む。

デバイスは薄いシート状でセンサーと人工知能(AI)を使って排せつの有無を検知し、漏れやおむつ替えの「空振り」を防ぐ。蓄積したデータから排せつパターンを分析できる。日々葛藤する介護者が自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン