/

この記事は会員限定です

マツダ工場改革 金かけず工期短縮、EVも混流生産

[有料会員限定]
日経クロステック

世界シェアが2%で「スモールプレーヤー」と自称するマツダが、生き残りを懸けて国内の車両組み立て工場の改革を急いでいる。幅広い車種の生産に対応しつつ、設備投資の費用を抑え、なおかつスピーディーに生産ラインを立ち上げられるようにする。保有する生産ラインの資産を最大限に生かしながら、幅広い車種を造る「多車種混流生産」を実現する。

同社は、クルマに対する市場からの要求はどんどん増え、商品仕様や車種構造の変化は今...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2786文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン