/

この記事は会員限定です

ウズラ卵の卸値最高 コスト増で生産者減、需要も回復

[有料会員限定]

中華丼や串焼きに使うウズラの卵の卸値上昇が鮮明だ。指標となる愛知県豊橋地域の卸値は、記録が残る1988年以降の最高値を更新した。エサ代などのコストが上昇。経営環境の厳しさから農家が減り、供給が細る。外食需要は回復しつつあり、卸値を押し上げた。ウズラを使う食品メーカーも値上げに動いている。

愛知県豊橋市を中心にした主産地の卸値は、30個当たり239円と4月末に比べて9%高い。値上がりは2016年1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り836文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン