/

ワクチン接種者の9割、変異型の感染防ぐ抗体保有

横浜市立大研究チームが確認

変異型に対するワクチンの効果について発表する横浜市立大の山中竹春教授(12日午後、東京都中央区)=共同

横浜市立大学の研究チームは12日、米製薬大手ファイザーと独ビオンテックの新型コロナウイルスのワクチンを接種した約9割の人が、複数の変異型に対して感染を防ぐ働きをする「中和抗体」を持つことを確認したと発表した。英国型や南アフリカ型、インド型など変異型7種について調べた。変異型に対してもワクチンが有効である可能性があるという。

ファイザー製のワクチンを2回接種し、これまでにコロナに感染していない105人を対象に、接種前と初回接種から2週間、4週間後に採血して、7種の変異型に対する中和抗体を調べた。

調査の結果、国内の変異ウイルスの大半を占める英国型に対しては、94%の人が中和抗体を持っていた。南アフリカ型は90%、ブラジル型は94%、インド型についても97%と、ほとんどの人が中和抗体を持つことがわかった。

記者会見した山中竹春教授は「9割が中和抗体を持つというのは集団免疫を達成する上で期待がもてる。現在の変異程度であれば、少なくともファイザーのワクチンはかなり対応できる可能性がある」と強調した。

変異ウイルスにも感染を防ぐ効果が見られた理由については、変異した部位以外にも抗体が認識する部位が数多くあり、細胞への侵入を防ぐことができるのではないかと説明した。山中教授は「細胞では感染防止効果がみられた。臨床の有効性については、数万人規模で調査する必要がある」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン