/

この記事は会員限定です

「デジタル経理」本格化に商機 スタートアップが照準

電帳法の改正が契機に

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

スタートアップが「デジタル経理書類」市場の争奪戦に乗り出す。ラクスは2021年度内をメドに、企業間の請求書を電子保存するサービスに参入する。22年1月施行の改正電子帳簿保存法(電帳法)により、領収書や請求書を電子保存する際の条件が大幅に緩和されることに対応する。一気に高まるとみられるデジタル経理の需要を取り込もうと、着々と準備を進めている。

ラクスは企業の従業員が領収書をスマートフォンで撮影し、手軽に経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン