/

超電導とは 電気抵抗をゼロに

きょうのことば

▼超電導 温度を下げたり、圧力をかけたりすると物質の電気抵抗がゼロになる現象。1911年にオランダの物理学者カマリン・オンネスが水銀をセ氏マイナス269度にすると、超電導が起きることを初めて発見した。その後、より高い温度で超電導になる物質の研究が盛んになった。

昭和電線ケーブルシステム(川崎市)は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援のもと、2020~21年度に独化学大手BASF日本法人の横浜市の工場で超電導送電を実施。工場の冷却設備を活用してコストを減らし、送電ロスを従来比で95%減らせた。「工場など小規模で超電導送電線の導入が広まれば、将来的に大規模送電の実用化も見えてくる」(NEDO)

超電導では強力な磁力を生み出せるため、がんなどの診断に有効な磁気共鳴画像装置(MRI)や磁気浮上して高速で進むリニアモーターカーなどにも応用されている。日本はこれまで超電導送電の研究で先行してきたが、基礎研究から応用まで各国で開発競争が激化。実用化では中国などに先を越される可能性もあり、普及に向けた戦略が必要になっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン