/

この記事は会員限定です

光量子計算で「万能回路」 東大、大規模計算に道

[有料会員限定]

東京大学の武田俊太郎准教授と榎本雄太郎助教らは、光を用いる量子コンピューターの心臓部の回路となるプロセッサーを開発した。さまざまな種類の計算を多段階で実行できる万能性を備え、大規模な計算に道を開くと期待している。将来は機能性材料や新薬の開発、人工知能(AI)の計算などに応用できると見込む。

量子コンピューターは従来のコンピューターには難しい問題を高速に解くと期待される次世代の計算機だ。極低温に冷や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン