/

この記事は会員限定です

UACJ、一時4%高 アルミ缶、米需要増に期待

銘柄診断

[有料会員限定]

12日の東京株式市場でUACJ株が一時、前日比103円(4%)高の2859円を付けた。アルミ缶材の製造拠点がある北米では、脱プラスチック化の流れを受けて飲料容器をプラからアルミ製に切り替えるメーカーが増加。米国のアルミ圧延事業の収益押し上げを期待した買いがみられる。国際商品市場でのアルミニウム価格の高騰が棚卸し資産の評価額を押し上げるとの見方も買いにつながった。

終値は80円(3%)高の2836円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り327文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン