/

この記事は会員限定です

大鵬薬品、供給不安の抗がん剤 12月中旬分まで確保

[有料会員限定]

大塚ホールディングス(HD)傘下の大鵬薬品工業(東京・千代田)は12日、供給不安が生じていた抗がん剤「アブラキサン」について、12月中旬まで販売を継続できる見通しだと発表した。製造会社を傘下にもつ米ブリストルマイヤーズスクイブ(BMS)から一部在庫の供給を受ける。供給不安の原因になった工場では、年内めどの再稼働に向けて協力を進めると公表した。

アブラキサンは国内で膵(すい)がんや胃がん、肺がんな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り286文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン