/

この記事は会員限定です

複合機4割小型化 富士フイルムBIの脱・縦割り開発

[有料会員限定]
日経クロステック

2021年4月1日に社名を「富士ゼロックス」から変更した富士フイルムビジネスイノベーション(BI)。世界的な知名度を誇る「ゼロックス」ブランドのライセンス契約は同年3月末で終了した。富士フイルムBIとしては、機能面などでこれまで以上に訴求力のある製品を市場に送り出し、新たなブランドを育てることが求められている。

そんな同社が社名変更と同時に発表した新製品がA4カラープリンター「ApeosPrint...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン