/

クリーンテック「2.0」

新風シリコンバレー 米インタートラストテクノロジーズマネジャー フィル・キーズ氏

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞日経産業新聞 新風シリコンバレー

このコラムを紙筆する時点、国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に向かって、米国会で合計5兆米ドル(約558兆円)予算を含む法案を議論している。これらの法案が通せば、この予算から気候変動対策に大量のお金が流れると期待している。こうした法案が通すまでに具体的な金額が分からないが、Biden政権が米連邦政府を握った頃から、シリコンバレーの「クリーンテック」(環境を改善させる技術)の興味が高めて、「クリンテック2.0」という言葉が流れて来た。しかし、執筆者の意見では、期待された米連邦政府の予算が実現できなくても、クリンテック2.0動向が続くと予測している。

「クリーンテック」という言葉はオバマ政権が登場した2008年ごろから流行った。リーマン・ショックの対応対策政策から流れると期待した予算が一つの理由だった。しかし、結果的に期待されたほどの予算と政策は現れず、長い時間が掛かるエネルギー関連技術のビジネス・サイクルの経験はなかったシリコンバレーのベンチャー企業たちの甘え考え方は大金額の損に繋がった。報道によると、2011年までにベンチャー投資企業が約250億米ドル(約2.8兆円)の投資をクリンテック関連企業に流れたが、結局その半分が損した。この経験から、シリコンバレーのクリーンテックの興味が冷めた。

2021年現在なら環境が全く変えてきたと見える。以前と重要な変化は世界に連続的に行っている異常気象事象による、一般の人々の間に気候変動の懸念が高まってきた。この圧力による欧州連合やカリフォルニア州などの米国地方政府はすでに気候変動政策を実行している。

さらに、ビジネス業界から無視ができない気候変動ソリューションを要求する追い風がある。一つは投資業界から登場している。気候変動が彼らの投資を脅すと認識して、大手投資企業BlackRock社が代表する投資企業は投資先に具体的な気候変動対策を要求している。もう一つの勢力は保健業界だ。気候変動による損がしばらく続くとみて、高い保険料を避けるためビジネス業界が気候変動対策も圧力を掛けている。気候変動ソリューションから高い利益の可能性を感じて、エネルギー業界や自動車業界などの大手企業でもクリーエネルギー関連の技術に手かけている企業への投資も目立っている。

これに応じて、クリーンテック関連のベンチャー企業宛の大型投資発表は相次ぎだ。例えば、COP26前に開催した2021年の国連Climate Weekというイベントと共にクリーンテック投資の発表が多かった。例えば、Bill Gates氏が関わっているBreakthrough Energy社が10億米ドル(約1113億円)以上と予測されている規模の新しい投資ファンドを集まった。Blue Bear Capital社は、エネルギーや気候関連のデータ技術むけの1億5000万米ドル(約167億円)投資ファンドが登場したなど。

現在の政治摩擦による米連邦政府から期待ほどの予算がまだ出ない可能性が十分ある。それでも、他の世界規模の働きを見て、今回は米連邦政府に頼りの必要性はないだろう。クリーンテック革命が続けられる十分な環境が立ち上げたと執筆者が思っている。

[日経産業新聞2021年10月19日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン