/

この記事は会員限定です

ヤマハ発と川重系、二輪の水素エンジン共同研究

[有料会員限定]

ヤマハ発動機川崎重工業傘下のカワサキモータース(兵庫県明石市)は水素エンジンの実用化に向けて共同で研究する。両社とも足元では電動バイクの開発に力を入れているが、脱炭素につながる技術の選択肢を増やす。次世代技術で協調し、多額の開発費を抑える狙いもある。

共同研究では実用化に向け、水素エンジンを使った二輪車の航続距離、コストなどの情報を取得して分析する。具体的な連携については今後、企業間で検討を進めていく。

カワサキは単独...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り482文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン