/

この記事は会員限定です

ゼネコン各社、22年は7割がベア実施 政府優遇策後押し

[有料会員限定]

ゼネコン35社の労働組合が加盟する日本建設産業職員労働組合協議会(日建協)は、2022年の春季労使交渉の中間報告をまとめた。回答があった32社のうち75%にあたる24社が、毎月の基本給を一律に上げるベースアップ(ベア)を決めた。ベアの加重平均は3923円(1.09%)、定期昇給とベアを合わせた昇給額は同1万3842円(3%)となる。政府入札で賃上げを実施した企業を優遇する政策が後押ししているとい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン