/

この記事は会員限定です

変異ウイルス、関西・東京で8割 英国型など

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの国内感染で変異ウイルスが主流になってきた。関西圏と東京都では新規感染者の約8割が変異ウイルスに置き換わりつつあり、特に流行するのは感染力が1.3倍と高い英国型だ。都内では由来が分からず免疫効果を下げる可能性のある変異ウイルスも流行しており、今後本格化するワクチン接種の効果に与える影響も懸念される。

国内では最近になり、大きく5種の変異型が報告されている。このうち英国型の流行が目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン