/

この記事は会員限定です

東芝株主に対する「圧力」 経産省が関与を否定

[有料会員限定]

2020年7月の東芝定時株主総会を巡る質疑が、12日の衆院経済産業委員会で行われた。この総会では、経済産業省の元参与が一部株主に対して議決権を行使しないよう圧力をかけたとの疑いが指摘されている。経産省側は質疑で「元参与に対し、投資家への働きかけを依頼したことはない」として関与を否定した。

同委員会で、委員の一人が、圧力を受けたとされるのは当時東芝の大株主だった米ハーバード大学の基金運用ファンドとしたう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り510文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン