/

この記事は会員限定です

三井物産、東南アで初のメガソーラー フィリピンで

[有料会員限定]

三井物産はフィリピンで太陽光発電事業に参入する。同国の発電会社グローバル・ビジネス・パワーと共同で再生可能エネルギー事業を手掛ける持ち株会社をこのほど設立した。約70億円を投じ、メガソーラーを開発して売電する。三井物産が東南アジアでメガソーラーを手掛けるのは初めて。石炭火力の比率が高いフィリピンで再生エネへの転換需要を開拓する。

約70億円の事業費の約4割を三井物産が負担する。フィリピン北部ルソン島のリザ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り448文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン