/

この記事は会員限定です

LIXIL松崎議長、独走許さぬけん制体制 社外人材で

市場と企業 キーパーソンに聞く(上)

[有料会員限定]

日本の株式市場は2000年以降に改革を迫られてきた。変化の潮目に立ち会った市場と企業のキーパーソンにこの間の成果と展望を聞いた。1回目は複数の社外取締役として活動し、ガバナンス問題に揺れたLIXILの取締役会議長を務める松崎正年氏。

――コニカミノルタやLIXILの取締役会議長として何に気を配っていますか。

「取締役会に求められるのは、会社や業界の環境を踏まえた判断だ。経営を経験した人は誰もが同じだと思うが、監...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1777文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン