/

この記事は会員限定です

インフレ下、低価格店に支持 オーケーは出店6割増

[有料会員限定]

食品などの値上げで家計の負担感が増すなか、低価格販売の小売りチェーンが伸長している。競合店より安い価格設定が、消費者の支持を集めている。首都圏地盤のオーケー(横浜市)は2022年度に例年より6割多い10店を出し、コスモス薬品は22年度に前年度と同水準の約120店を出す。一部チェーンが期間限定の値下げに乗り出すなど、小売り各社の価格戦略の重要性が増している。

首都圏地盤のオーケーは一定期間のみ値引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1506文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン