/

この記事は会員限定です

武田、大型薬開発に中止懸念 資本効率改善に影

赤間建哉

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

武田薬品工業の資本効率改善が道半ばだ。武田は13年ぶりに自社株買いを再開した理由として割安な株価と資本効率の改善を挙げる。ただ、将来の稼ぎ頭と目する新薬の開発が中断するなど中期的な収益見通しは不透明だ。開発にまつわるリスクに備えるには、筋肉質な経営体質への転換を急ぐ必要がある。

武田は10月初旬、睡眠障害向け治療薬候補「TAK-994」について、患者の健康を害する懸念が生じたとして第2段階の臨床試験(治験)中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン