/

この記事は会員限定です

再エネ株に売りの洗礼 実力未知数、金利上昇で割高感

企業財務エディター 森国司

[有料会員限定]

脱炭素社会に向けた本命の技術とも位置づけられる再生可能エネルギー。世界の株式市場で資金が流入していた関連銘柄の株価が、ここに来て大きく調整している。想定以上に急ピッチな株高に業績期待が追いつかず、米国の金利上昇をきっかけとしたグロース(成長)株売りの波にもまれた。

「昨夏時点であと5~6年かかるとみていた目標株価に数カ月で急接近したため、いったんウエートを落とした」。三菱UFJ国際投信で投資信託「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1463文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン