/

この記事は会員限定です

三菱自、4月に計7500台減産 半導体不足で

[有料会員限定]

三菱自動車は12日、半導体不足の影響で4月に日本とタイの3拠点で計7500台を減産すると明らかにした。主力の岡崎製作所(愛知県岡崎市)などで、稼働日の振り替えにより生産台数を調整する。半導体大手のルネサスエレクトロニクスの工場火災は今回の減産と関連しないという。

岡崎製作所で生産する多目的スポーツ車(SUV)「アウトランダー」や、水島製作所(岡山県倉敷市)で生産する軽自動車などが対象とみられる。4月に工場を停止する分、5月以降に稼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン