/

この記事は会員限定です

ばら積み船用船料、中型3カ月で2倍超 中国向け穀物増で

大型船も高値圏 海運業績に追い風・輸入企業はコスト増

[有料会員限定]

穀物や石炭を運ぶ中型ばら積み船のスポット(随時契約)用船料が一段高となっている。ハイテク分野で米中対立が激化する中でも、家畜飼料となる米国産トウモロコシについては中国の需要が旺盛で輸送は堅調。6月以降値上がりが加速し、春に記録した10年ぶりの高値を大きく上回っている。鉄鉱石を運ぶ大型船など、ばら積み船市況は全面高の様相だ。海運会社の業績には追い風だが、円安傾向も相まって日本企業の調達コストは一段と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1219文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン