/

この記事は会員限定です

東芝、役員選任案の修正焦点 社外取締役4人が反対表明

20年総会、「問題なし」に疑念

[有料会員限定]

東芝の取締役会が外部弁護士による調査報告書への対応協議に乗り出す。2020年の定時株主総会が「公正でなかった」との指摘を受け、13日に臨時取締役会を開いて会社としての見解などを議論する。この問題に関連して社外取締役4人が、今年の株主総会に東芝が諮る役員選任案に反対する異例の声明を出した。今後、東芝が議案の修正などに動くかどうかが焦点になる。

社外取締役の声明はジェリー・ブラック氏らが12日までに出した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン