/

氷点下でも凍らないランタン用オイル、東洋工業

ロウソクの製造・販売を手がける東洋工業(東京・江東)は、寒冷地などで使いやすいランタン用パラフィンオイルを11月1日に発売する。夜間や早朝などの急激な気温の低下に対応し、氷点下70度の環境でも凍らないようにした。新型コロナウイルス下で「密」を避けて楽しめるキャンプへの関心が高まっており、冬のキャンプでも使いやすい商品として需要を見込む。

商品名は「マイナス70℃でも凍らないランタン用パラフィンオイル」。同社によると、パラフィンオイルは灯油に比べて、揮発性が低く、燃焼中に臭いやススが出にくいのが特徴という。従来の商品は気温が下がると、液体の結晶化が始まってしまうという欠点があった。既存の商品の原材料を応用し、冬季のキャンプ地など冷え込みの厳しい場所でも使えるようにした。

パラフィンオイルは内容量500ミリリットル(希望小売価格1210円)と、1800ミリリットル(同3080円)の2種類を用意した。同社の公式オンラインショップやアウトドア専門店などで販売する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン