/

この記事は会員限定です

東電、仮想発電所で電力調整 再生エネ普及後押し

[有料会員限定]

東京電力ホールディングスは分散する電源を統合制御する仮想発電所(VPP)の技術を使い、電力需給の調整力を販売する。再生可能エネルギーは発電量が天候に左右され、不足したり余ったりすることが多く、需給調整が必要だ。東電は送配電事業者の調整を一部肩代わりすることで、報酬を得ながら再生エネの普及を後押しする。

VPPは一般家庭や事業所の蓄電池、電気自動車(EV)などを統合制御し、あたかも1つの発電所のように機能させる仕組みだ。空...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り935文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン