/

この記事は会員限定です

フリーランスユニオン発足 働き手保護に多様なニーズ

[有料会員限定]

フリーランスが働きやすい法的な環境整備を求める動きが活発になっている。このたび報酬最低保障や団体交渉など労働者に認められる権利の強化を目指す任意団体「フリーランスユニオン」が発足。一方、エンジニアなど専門職の間には、契約条件の明示化など事業者としての保護を望む声も高まる。政府は新法の整備も進めるが、働き手の多様さに配慮したきめ細かな制度設計が求められる。

「雇われている人と働き方は大して違わない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン