/

この記事は会員限定です

製鉄用石炭3割高 高炉の調達コスト重く、転嫁加速も

[有料会員限定]

高炉の鉄鋼メーカーの主原料である製鉄用石炭(原料炭)の高騰が止まらない。4~6月期の高炉会社の調達価格は1~3月期より3割上昇し、最高値を更新した。天候不順による需給の逼迫感にロシア発の供給懸念による国際相場の急騰が重なっている。鉄鉱石も1割ほど上昇した。鉄鋼大手の転嫁値上げの姿勢が強まれば、製造業全体のコスト上昇圧力になる。

高炉で生産する粗鋼の主原料は鉄鉱石と原料炭の2つだ。原料炭は、製鉄時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1286文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン