/

ルノー会長「企業の長期的成長には格差是正必要」

日経クロステック

仏ルノー会長のジャンドミニク・スナール氏と、日産自動車最高執行責任者(COO)のアシュワニ・グプタ氏は2050年に向けた持続可能性について9日講演した。

スナール氏は企業の社会的責任について自身の考えを述べた。「従来の株主だけを重視する資本主義では、企業の長期的成長は実現できない」とし、企業が株主だけでなく社会に価値を還元し、格差の是正に貢献する必要性を説明した。日本の政府についても言及し、「新しい資本主義や格差の是正を掲げる日本政府を注視している」と述べた。

ルノーと日産、三菱自動車の3社連合としては、持続可能な社会の実現に向けて「電気自動車(EV)をさらに強化していく」(スナール氏)との考えを改めて示した。

グプタ氏は持続可能な社会の実現に向けた日産の事業を紹介し、一例として車両のライフサイクル全体で二酸化炭素(CO2)の排出量をゼロにする取り組みを挙げた。「産業革命以前との比較で50年までの気温上昇を1.5度未満に抑えるために、カーボンニュートラルの実現が重要」と述べた。

両氏は在日フランス商工会議所が主催する「第4回日仏ビジネスサミット」で講演した。同イベントには両氏のほか、建築家で東京大学特別教授・名誉教授の隈研吾氏らが登壇した。

(日経クロステック/日経Automotive 本多倖基)

[日経クロステック 2021年11月11日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン