/

この記事は会員限定です

アステラスや武田、「細胞薬」自社生産に動く

[有料会員限定]

製薬大手が細胞治療薬の自社生産を強化しようとしている。アステラス製薬は2025年以降に100億円を投じて、米国内の生産設備を増強する方針だ。また武田薬品工業は米国に細胞薬の生産拠点を新設する。新型コロナウイルス禍でワクチン生産が拡大し、バイオ薬の生産設備は世界で不足している。細胞薬を安定供給できる体制を整えるため、自ら生産拠点の整備に動く。

再生・細胞治療は、iPS細胞やES細胞などを使って分化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン