/

この記事は会員限定です

中国新興、分離できる手術支援ロボ コスト削減に一役

[有料会員限定]

中国の病院で行われた内視鏡手術は2021年に約950万件に上り、主に婦人科、一般外科、胸部外科、泌尿器外科で採用されている。特に泌尿器外科では内視鏡手術支援ロボットの浸透率が高く、今後は他の診療科への活用が広がることも期待されている。ただ手術支援ロボットは高価なため導入できる病院が限られている。手術費用も高額で患者の負担が増加するほか、手術室に十分なスペースがないと設置が難しい。

これらの課題を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1753文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞社は、中国をはじめアジアの新興企業の情報に強みをもつスタートアップ情報サイト「36Kr」を運営する36Krホールディングスに出資しています。 このコラムでは同サイトが発行するスタートアップやテクノロジーに関する日本語記事を日経電子版に週2回掲載し、中国における最新の技術発展を追いながら中国の経済成長動向や今後の見通しについてお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン