/

この記事は会員限定です

電池原料のリチウム、海水から効率回収 数百倍速く

Next Tech2050

[有料会員限定]

脱炭素社会のカギを握っているのは太陽光や風力などの再生可能エネルギーだけではない。作った電気をためる電池も重要だ。現在広く普及するリチウムイオン電池は、さらなる需要拡大に伴い、原料のリチウムの調達が難しくなる恐れもある。海水に微量含まれるリチウムを効率よく安価に取り出す技術が実現すれば、2050年ごろにはリチウムイオン電池はすべて海から採れたリチウムで作られている可能性がある。

「リチウム不足の問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1524文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン