/

この記事は会員限定です

王子HDの磯野取締役「パルプ高で上振れも」

今期業績を聞く

[有料会員限定]

王子ホールディングス(HD)の2022年3月期の連結純利益は過去最高となる見通しだ。外販している製紙原料のパルプの価格上昇が寄与する。ペーパータオルなど家庭紙の販売も底堅い。4~5月は段ボールなどが当初計画より伸びており、増益幅が広がる可能性もある。今期の業績の見通しを財務部門を統括する磯野裕之取締役に聞いた。

――純利益は前期比41%増の700億円となり、最高益だった20年3月期の水準を上回る見込みです。パルプ価格...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン